ワイモバイルのLプランに今すぐ加入すべき理由について紹介するよ!”(2019年9月30日まで)

blog

皆さんは携帯電話会社はどこを使っているでしょうか。私は Ymobile を使っているのですが、先日料金の改定がありました。その際、ワイモバイルのLプランがなくなるということがわかったのです。

私のようによくネットを使う一部の方限定にはなるとは思うのですが、①高品質な回線が使いたい、②家族でワイモバイルに加入している、③デュアルSIMの Android 携帯を使っている方にとっては、非常にお得に使えるのがこのワイモバイルです。

今日はなぜお得に使えるのか、ワイモバイル上級者向けに紹介したいと思います。

【公式】ワイモバイル(Y!mobile)- 格安SIM・スマホはワイモバイルで
【公式】ワイモバイル(Y!mobile)、家族で1,480円からご利用可能なiPhone、Android Oneスマートフォン、SIMの料金・サービスをご紹介します。

ワイモバイルのデータ回線は高品質であること

最近は、ドコモ、ソフトバンク、AUの大手3回線ではなく、格安の料金プランに惹かれてMVMOの事業者を利用する人が増えてきました。MVMO事業者とは、大手のキャリアから通信回線を借りてきてしてユーザーに回線を提供する事業者のことです。大手キャリアよりも格安であることはよく知られています。

ただ、音声改正については大手と遜色はありませんが、データ回線は大きく違います。

私は昔マイネオを利用していたのですが、 お昼になると通信回線がかなり遅くなっていました。これは、一つの回線にたくさんの人を押し込めてしまうため、遅くなってしまいます。

過去、私はイオンとmineo、IIJを利用していましたが、どれもお昼や混雑する時間は同じようなものでした。mineoについては通信の最適化をしていたという話もありました。

格安SIMの通信の最適化の実害と、帯域制御の実害 - 格安SIMの通信速度の口コミ - 格安SIMとスマホの口コミ
口コミトップ › 格安SIMの口コミ › 格安SIMの通信速度の口コミ &rsaq ... 続きを読む

ところが、ワイモバイルやUQモバイルなどは、ソフトバンクやAUのサブブランドであって、通信が混雑しそうな時間でも遅くなることはありません。既に1年以上使っていますが、今の状態であればこのまま使い続けたいと考えています。

ワイモバイルのシェアプランがすごい!

この高品質な回線を、親回線のSIMに加えて最大3台分の子回線にシェアができるのです。すなわち、データ用のSIMも追加で三枚もらえるのです。

子回線専用プラン(シェアプラン)(Y!mobile)
Y!mobileの「子回線専用プラン(シェアプラン)」のページです。スマートフォンのデータ通信容量をタブレットや他社スマホなどの別の端末で効率良く分け合うことができる子回線専用のプランです。

★「スマホプラン」または「データプラン」をご加入のかたが、スマートフォンのデータ通信容量をタブレットなどの別の端末で効率良く分け合うことができる子回線専用のプランです。 最大3枚のUSIMカードが使え、タブレットや他社が販売するSIMフリーの端末にもご利用いただけます。

最大3枚のUSIMカードが使えて、親回線との間で高速データ通信容量を自由に分け合える。★

ただしこのシェアには料金が発生します。

10月1日から2年縛りなし解除料なし|Y!mobile - 格安SIM・スマホはワイモバイルで
2019年10月1日から2年縛りなし解除料なし
料金プラン ①容量 ②月々料金 ②シェア追加 ③合計 ④1GBあたり単価
スマホプランS 2 2680円 980円 3660円 1840円
スマホプランM 6 3680円 490円 4170円 695円
スマホプランR 10 4680円 490円 5070円 507円
スマホプランL 14 5680円 0円 5680円 406円

(スマホプランLは廃止予定 2019年9月30日まで。また容量はデータ増量無し)

ちなみに、④の1GBあたりの単価は、③÷①にて算定しています。一見すると値段に応じてお得になっているのが分かります。ただ、これは増量サービスが抜きの価格表なのです。

データ増量サービスとは?

データ増量サービスとは、月500円アップの代わりに、使えるデータ量を増やすというサービスです。これを計算に加えると…。

データ増量オプション(Y!mobile)
Y!mobileの「データ増量オプション」のページです。
料金プラン ①増加後容量 ②月額 ③合計 ④1GBあたり単価
スマホプランS 3 500円 4160円 1387円
スマホプランM 9 500円 4670円 519円
スマホプランR 13 500円 5570円 428円
スマホプランL 21 500円 6180円 294円

このような感じになります。見てわかるように、スマホプランLの1GBあたりの単価が非常に安いのです。今回のスマホプランRの新設はスマホプランL潰しのために用意したと考えています。

なぜこのように安くなるかというと、スマホプランLが500円で増量できる容量の多さと、シェア追加料金が0円だという特長があるためです。ただしこれは2019年9月30日までです。

大容量のデータなんて使い切れない?実はデュアルSIMのスマートフォンを利用してこんな裏技がある!

音声回線と先ほどの増量simを組み合わせることによって、通常のスマホプランのように使うことができます。

デュアルSIMのスマートフォン 製品一覧

価格.com - デュアルSIMのスマートフォン 最新人気機種ランキング
デュアルSIMのスマートフォンをランキング形式でご紹介。メーカーや機能、スペックを指定して人気のスマホが探せます。大手キャリア・MVNOで契約した場合の月々のお支払い目安やSIMフリーの端末価格で比較・検討できます。

たとえば、あなたの家族(親など)が音声回線を使っているとしましょう。そして、「ラインが使いたいからスマートフォンに買い換えたい。」と言われたときに、純粋に三大キャリアのスマホプランに加入するよりも、この方法を利用することによって、より格安に使うことができるのです。

MVMOには音声通話回線を用いた”純粋な話したい放題”が無い

このワイモバイルよりも安いMVMOの事業者はたくさんあります。しかし、”音声回線による話したい放題”をつけることは、MVMO事業者ではできないのです。

楽天モバイル: 楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイル
楽天モバイルご利用の方は、お得な楽天でんわ10分かけ放題 by 楽天モバイルをお申し込みいただけます。10分間の通話が何度でも無料のかけ放題になるオプションです。

MVMO事業者ができるのは、アプリを用いた、データ通信回線を使った電話になります。これはどうしても音声通話に比べると音質、繋がりやすさ、使いやすさで劣るのです。

まとめ:高品質な話したい放題、高品質なデータ回線、複数端末持ちの方は早めにワイモバイルLプランへの申し込みを!

まとめのタイトルにも書きましたが、安さではなく高品質なサービスを利用する観点からすると、非常にお得なのはもうすぐ廃止されるこのLプランです。

おそらくは他のキャリアに対抗するためLプランを作ったのかもしれませんが、ソフトバンクにおけるヘビーユーザーの流出を招くなど、競合する部分が多かったのかもしれません。だからこそ消えるのではないでしょうか。

新設されたRプランにおいては、データシェアには500円の料金がかかります。また、データ増量プランは通常量の1.5倍というこれまでのルールからすると、13GBではなくて15GBになるべきだと思うのです。

こういった原則を曲げてきているRプランへの入会を促すためには、お得すぎるLプランを廃止するしかないのです。

今後、LTEの使えるノートパソコンを購入しようと考えている人にとっては、非常にお得なプランに加入できる最後のチャンスかもしれませんので、ぜひ考えてみてくださいね!

それではよい祝日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました