BooxNoteを使ってGoogleドライブやWord上で文章を作成する方法を紹介するよ!

前回の続きです。BooxNoteではBluetoothキーボードが使えるのですが、快適に文字入力を行うためにはちょっとした工夫が必要です。

前回の振り返り

  1. 日本語入力ができるように『Google日本語入力』をインストールする。
  2. 日本語キーボードを使うために『106/109キーボード』のアプリをインストールする。
  3. キーボードを日本語に変更にするなど設定を行う。
  4. GoogleドキュメントやWordなどのアプリをインストールする。

詳しくは過去記事を参考にしてください。

BooxNoteをテキスト入力端末として使う方法を紹介するよ①(ATOK設定)
キングジムのDM30のパネルがEinkに対応したおかげで、Einkに対する一般の関心が高まってきたような気がします。応答速度が遅いとか残像が残る、という批判はあるのかもしれませんが、液晶に比べて読みやすいという圧倒的なメリットを一般の人にもわかってほしと思います。 BooxNoteでテキス...

それではさっそく始めていきましょうか。

Bluetoothキーボードを接続する

最初にBluetoothキーボードをBooxNoteに接続します。私の持っているマイクロソフトのWedgeキーボードであれば、ケースから取り出すと自動的に電源がオンになってBooxNoteと接続されます。できればそういった便利な製品を選ぶのがええと思います。

価格コム bluetoothキーボード

ちなみに私の持っているキーボードは既に発売が終了しているのですが、ここ最近はええと思うのがありません。Thinkpadやロジクールのはちょっと重すぎること、またケースを別で用意しないといけないことなど、なかなか悩ましいところです。

ケース付きで折り畳み式となるとMOBOキーボードですが、合わせて400グラムになるなどちょっと重いかもしれません。

ARCHISS MOBO Keyboard AM-KTF83J-GB [ブラック] 価格比較
■最安価格(税込):6,538円 ■店頭参考価格帯:6,980円〜6,980円 ■価格.com売れ筋ランキング:147位 ■満足度レビュー:4.86(4人) ■クチコミ:0件 (※7月25日時点)

GoogleドライブやWordではオフライン入力をオンにする。

昔は同期のエラーが起きたりすることもあったのですが、最近ではそういうことはほとんどなくなりました。そのため実運用では私はオフライン入力(Wifiオフ)で作成しています。

特にWifiとBluetoothの同時使用時には電池の減りが早いように思います。

ただし、bluetoothは入力装置としてはずすことができませんので、Wifiを切ることによって電池の減りを少しでも減らしましょう。

私の場合は、Wifiを使っているとき(Kindle等)はBluetoothを切っていますし、文章入力を行う時は、Bluetoothを使ってWifiを切るようにしています。

BooxのA2リフレッシュモードを使用する(大事)

Boox上部にアイコンがあるのですが、右から3番目のアイコンは、A2リフレッシュモードと通常モードとの切り替えボタンになります。

A2リフレッシュモードは白黒二値で表示する代わりに動作速度をあげることができる機能になります。

これを用いると、通常であれば生じるカーソルの点滅などを押さえることができるのです。

それでは実際に試してみましょうか。方法は最初は通常モードで行い、後半はA2リフレッシュモードで表示させています。

Wordで文章入力(通常モード、A2モード)

ワードです。フォントに関してはたくさんあるので好きなのを使うことができます。ただ動作速度はGoogleドキュメントの方が軽いような気がするのです。自動保存を頻繁に行うためでしょうか。

また、通常モードでの入力だと残像が多いため実用的ではありません。そのため文章入力のためであれば必ずA2モードにして使いましょう。

Googleドキュメントで文章入力(通常モード、A2モード)

私はGoogleDriveで記事を作成→Wordpressに投稿、という流れで作成しています。

オマケの話ですが、動画でタイプミスが多い原因は、私が中腰かつ無理な姿勢で文章入力を行っていたためです。

まとめ

正直なところ、A2リフレッシュモードであれば、Bluetoothキーボードで普通に入力できるので、オフライン機能さえあればどんなエディタでもええような気がします。

ただ自動保存がローカルだけでなくクラウドと常時同期する形だと電池が減りますので、思いついたときにBluetoothで接続して、さっと文章を書く、みたいな使い方がええのではないでしょうか。

他にもアウトラインプロセッサなどもあると思うので、何か検証が必要なものがあればコメント欄に書いてもらえると試してみます。

最近では楽天マガジンで電子書籍の雑誌を読んだり、仕事の文章の下書きをして、OneDriveに同期するという使い方がメインになっています。読むと書くの基本的なことだけですが、これで今は十分です。他のこともしたいのですが時間が…。

それでは楽しい週末を!

コメント