BooxNoteの新アップデート(ver1.9)がやってきたよ!

ついにやってきました!

何かというとInternatinalバージョンのアップデートがやってきたのです!木曜日夜の10時ごろから触っていますが、結構細かいアップデートがなされています。特にメモアプリについては、驚きのアップデートが適用されています。早速紹介しますね!

システムアップデートの手順

まずはシステムアップデートの手順から紹介します。設定→About→SystemUpdateに移動すると、クラウドからダウンロードできます。今回からバージョン1.9になるようですね。

それではアップデートを押してコーヒーでも飲みながらしばらく待ちましょう。

Knoteのアプリの見た目が大きく変更!

ノートアプリの見た目が大きく変更されました。メニューは左右に表示されます。そのため、左利きの人でも書きやすくなりました。

ただ中身としてはそれほど変わっていない感じはしますが、結構細かいところで使い勝手がよくなっています。

テンプレートが自分で設定できる!?

テンプレートも自分で設定できるようになっています。

たとえば営業日報とか議事録などを社内のテンプレートを用いてメモで記録するという使い方もありでしょう。(手書きでメモ、というのは最近は少ないような気もしますが・・・。)ただPDFをNote_templeteに置いてみましたが、設定できませんでした。PNGなどかな?

最大の改良点!部分消しゴムに対応しました!!

控えめに言ってもこの機能ができたことで、メモ機能に関するソニーのDPTシリーズと Booxとの戦いはもう勝負がついたのではないでしょうか。

範囲指定消しゴムというのが新しい機能です。これは何かというと、書いた部分の一部を消すことができるのです!

とりあえず塗りつぶしてしました。それでは斜めに消してみましょう。このすごさ、わかりますか?!

これができると何がすごいかというとお絵かきに使えるわけです。ちょっと太くしすぎたな、ということで一部を消したいなと思ったときはその部分だけ消すことができます。

今までは上の写真で言う「直線消しゴム」しかありませんでした。一筆で描いた部分を一括で消すという機能になります。

これからは、ワコムの4096段階の筆圧検知を活かして好きなだけお絵かきができますね!ちなみに作成したデータはPDFで保存されているようです。

エバーノートとドロップボックスの同期ができる!

これで同期データを無くす心配がなくなりました。

このKnoteでぎりぎりまでメモを作成し、後はPCに転送してプレゼン資料を作るのがええかもしれません。まあAndroidですので、フォルダ単位で他のクラウドサービスと連携することもできます。そのあたりは色々と試してみてください!

GooglePlayのアプリ再課金問題が解消された

購入済みのアプリでもなぜか再購入を求められてしまうという問題が解消されました。

日本語フォントが正しく表示されるようになった

アプリによっては一部中華フォントが表示される場合もありますが、通常の漢字では正しい日本語フォントが表示されています。

最後に

一部、翻訳がおかしいところがありますが、次回のアップデートできっと修正されるでしょう。Onyxが日本市場に入ってきてくれたおかげで、日本からの提案(フォントなどはSKTさんが1年近く前から送っていましたが)、今回ついに受け入れてくれました。

特に消しゴム機能はイラストを書く人にとってはかなり便利な機能ではないでしょうか。下書きをBoox上で作成し、後はPC上で他のアプリに読み込みをすれば使えるはずです。私も絵は苦手ですが、仕事用に資料を作る際に、どんな写真を使うのか、どんなことを盛り込むのかというのは手書きで行っています。その作業はこれからはさらにはかどりそうです。

後、小ネタですが、A2モードにした上で、メモ機能を使うとレイテンシがさらに減り、紙に書いているような気分になります。

そして週末はSKTさんのところにいってケースのテストをしてきます。どのくらい不良率があるかわかりませんが何とか50台以内におさめることができたらよいのですが、、、。

コメント