SKTサポート

EinkのONYXBOOXやPaperlikeの使い方を紹介。電子ペーパーの話題や活用法のまとめサイトです。

Booxシリーズと相性の良さそうなキーボードを探してみたよ!

投稿日:

 

私はずっとロジクールの製品を使っています。途中何度か東プレなどのいいキーボードが気になったりしていましたが、マウスとセットで使えるということでいつもロジクールを購入するオチになっていました。

さて今日は私の持っているキーボードが壊れたというお話です。長年愛用してきたK270というキーボードですが、今日なぜか動かなくなりました。大きなのっぽの腕時計の最後にあるように、音もなく壊れました。かなりバンバンと叩いたのが悪かったのでしょうか。

そんなことはさておき、今日はロジクールの新しい製品群を紹介します。最初にロジクールの新しい技術について紹介しますね!

異なるOSを飛び越えるLogicool Flow

https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/options/page/flow-multi-device-control

ロジクールさんは、異なるOS間を飛び越えてマウスやキーボードを使えるという方向性にシフトしています。それがロジクールフローという機能になります。

もちろん同一のwifi上という条件にはなりますが、たとえばBooxN96上でテキスト打ちを行い、調べるのはPC上というのでもいいと思うのです。

Logicool Flowに対応している機種

マウスとトラックボールの対応機種はこちらです。

キーボードの対応機種はこちら

Logicool Flowでのお勧めマウス MX ANYWHERE 2S

https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/mx-anywhere-2s-flow

私はこの一つ前のFlowに対応していない機種を持っていますが、マウスの応答速度やガラスの上でも使えるなど、非常に便利です。また形がいつものマウスであるため、トラックボールのような習熟を必要せずにすぐに使えます。

クロールの方法も高速スクロールと通常のスクロールをワンクリックで切り替えることができます。

一つ難点を言うと充電タイプであるため、前触れもなくマウスが動かなくなるという点です。壊れたのかな?と思った後、「ああ、充電切れか・・・。」となって、その時の作業が中断します。個人的には重いけれどさらにその一つ前の電池タイプのが好きでした。

K780 マルチデバイス BLUETOOTH® キーボード

https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/k780-multi-device-wireless-keyboard

第一候補はこのキーボードです。スタンドがついているのが魅力です。また丸型にも関わらず非常に使いやすいキーボードでした。

ただしFlowの場合、Android 5 が要求されるようですので、となるとeNoteやMax2になりますね。使える場合もあったりはするのですが・・・。できればN96シリーズでこそ使いたいです。

必要システム

外付けキーボードをサポートするパソコン、スマートフォン、およびタブレット

Windows® 7、Windows 8、Windows 10以降

Android™ 5.0以降

Mac OS X 10.10以降

iOS 5以降

Chrome OS™

K370s / K375s Multi-Device

https://www.logicool.co.jp/ja-jp/product/k370s-k375s-multidevice-keyboard

う~ん、現実的な選択肢としてこれでよいのではないでしょうか。今日現在のアマゾン価格は3000円でした。これはお得。

周りの人に聞くと「キーボードはいいのを使った方がいいよ!」と言われます。ただ家ではそこまで文章の入力を行わないこと、ノートパソコンのキーボードを重視していることもあって、どれがいいのかはなかなか悩む点です。

Logicool Flowを導入するのであればマウスとキーボードを一気に入れ替えるべき!

一つのUSBドングルでマウスとキーボードの操作ができるため、マウスカーソルを移動するとそのままキーボードも使えるようになるようです。

BooxMax2などと組み合わせるメリット

現在、BooxMax2のHDMI機能を見る限りにおいては、速度的にはまだ改善の余地があります。そのため、HDMIで接続するよりもAndroidのままBooxMax2を使う方がよいのではないかと思うのです。

個人的に非常に気になっているのはOneNoteにメモをとることです。たとえば、外で手書きメモをとっておいて、家に帰ってきたらキーボードによるメモを追加するということができるのではないでしょうか。

最後に

最近の趣味は「働き方改革」というバズワードの中で何か目新しいものがないか探すことですが、Microsoftの法人向けサービスがかゆいところに手が届くサービスになってきた気がします。特にデバイス管理が素晴らしい。もうわけのわからない管理アプリのせいで不具合が起きて業務に支障が出るとか気にしなくてもええ時代が来るかもしれません!(そのあたりはマイクロソフトさんなので…。)

また近いうちに紹介しますね!

  • この記事を書いた人

チューリップ商人

-Keyboard

Copyright© SKTサポート , 2017 All Rights Reserved.