SKTサポート

EinkのONYXBOOXやPaperlikeの使い方を紹介。電子ペーパーの話題や活用法のまとめサイトです。

MicrosoftとOfficeの2018年最近のお話

投稿日:

あけましておめでとうございます!

今年の抱負ですが、Einkに限らず、長時間PCを使えるというメリットを活かした仕事の進め方、みたいなものを紹介したいと思っています。今後ともよろしくお願いします。

さて、年末から年明けにかけてですが、興味を持ったMicrosoft365について詳しく調べていました…が、なかなか大変でした。

今日は私の冬休みをつぶして調べたことを紹介したいと思います。

Microsoftの最近の動き

最初に皆さんのマイクロソフトに対するイメージはいかがなものでしょうか。私の中ではアップデートによって操作の仕方がどんどんと変わって困る(Windowsのイメージ)でしたが、Microsoftの月額課金サービスとその方向性を調べて印象が変わりました。さらにその先にまで手を伸ばそうとしています。

そもそもoffice純正を使わざるを得ないのは、他の互換officeだと書類の罫線等がずれるためです。その企業にとっては欠かせないofficeを餌にして、アクティブディレクトリ(社内のセキュリティを一元管理するための道具)の機能まで取り込もうとしているのです。(これについては次回以降で)

情報システムハック

Active Directory(アクティブディレクトリ)をざっくり解説

office365(個人向け)の特徴

ヨドバシカメラやビッグカメラで販売されているofficeのライセンスは家庭向けになります。通常ですとパソコンなどに一緒にくっついてくることが多いのではないでしょうか。ただ単体で買おうとすると、Home&Businessであったとしても、3万円近くします。

ライセンスとしては2台にインストールすることができます。ただ永続ライセンスといっても3年おきにはバージョンが変わって古くなり、またセキュリティの更新期限もあったりします。

そして個人向けにはoffice365 soloというのがあって、月1300円ほどで一年間officeが2アカウントまで使える権利があります。またskypeの月60分の無料通話の権利がついているのが個人向けにしかない特徴です。

iDotch

Skype(スカイプ)の050番号を取得して仕事で利用してみたのでレビューしてみる。

Office365(法人向け)の特徴

最初に誤解がないように書いておきますが、office365の法人向け製品は個人であっても購入できます。

office365法人のページ

https://products.office.com/ja-jp/business/office

ではどのような特徴があるというかというと、officeアプリケーションと各種サービスがセットになっていて、さらにデスクトップ5台、タブレット5台、スマートフォン5台の計15台分の権利がついてくるのです!

私は中古PCを購入する関係上、家にパソコンが5台あります。それらにはoffice2010とoffice2013が入っていてるのですが、個人的にはoffice2010の軽量な動きが好きですが、延長サポート期限が刻一刻と近づいています。そのため、パソコンを持つ人であればこのoffice365(法人版)に手をださざるを得ません。

2017年夏、満を持して登場したMicrosoft365

ちょっとややこしいのですが、今年の夏にMicrosoft365というサービスが始まりました。先ほどのoffice365にWindows10のライセンスとデバイス管理の仕組みがついてきます。

アスキー.jp

日本MS、中小企業向け「Microsoft 365 Business」の提供開始

Windows10がついてくるのはアップデートを想定したものだそうです。また先ほどのPC集中管理の仕組みであるアクティブディレクトリをクラウド化したもの(azureアクティブディレクトリ)のintune(の一部機能)がついてくるのです。

たとえるのであれば、お子様ランチとでもいいましょうか。とにかく必要十分な機能をわかりやすく提示してくれています。

Microsoft365のわかりやすい紹介動画①(寸劇)

この動画はマイクロソフトの社員がMicrosoft365 Businessを使うとどのように生産性が改善されるのかが紹介されています。再生回数が1月2日時点で317回ですが、このように仕事のコミュニケーションをとることができれば、非常に働きやすくなるのではないでしょうか。

こういったコミュニケーションツールはLineやslack(看板式タスク管理アプリ)などもあるのですが、企業で使う場合は情報漏洩の観点から大っぴらに使うことができませんでした。しかしMicrosoftはセキュリティを意識し使い勝手としても他のアプリとよく似たアプリを作ってくれているので、非常に使いやすかったです。

余談ですがこの上司の中原さんはええキャラですね。

Microsoft 365 Business の魅力とは~ネジメーカー社長との10分トーク~

 

Microsoft365のわかりやすい紹介動画②(記者会見)

特にみてほしいのは20分からのデバイス管理機能です。コピー防止機能や管理画面上からのデータ削除について紹介してくれていますよ。

[記者会見] 日本マイクロソフト_Microsoft 365 と最新デバイスで実現する活躍するための働き方(30分デモ)

最後に

「これはすごい!」と思ってテストアカウントを取得して試したのですが、その結果冬休みを潰すことになろうとは・・・。次回に続きます。

  • この記事を書いた人

チューリップ商人

-BLOG, Microsoft

Copyright© SKTサポート , 2018 All Rights Reserved.