SKTサポート

EinkのONYXBOOXやPaperlikeの使い方を紹介。電子ペーパーの話題や活用法のまとめサイトです。

FolderSyncでファイルの自動同期ができるよ!

投稿日:11/01/2017 更新日:

今日はFolderSync Proというファイルを自動同期できるAndroidアプリを紹介します。あると非常に便利ですので、同期機能でお悩みの方はこのアプリを使うのを強くおすすめします!

FolderSyncを使う場合とは?

PDFをBooxで読む時、アンダーラインを引くことはないでしょうか?xodoなどのPDFアプリで書き込みを入れた場合、PCでもその書き込みを表示することができるのですが、このFolderSyncを使えば、時間指定等で自動で同期してくれます。

Androidにはオンラインストレージアプリもあるのですが、DropboxやOnenoteは各種機能をつけているため、アプリがかなり重くなっていたりします。そのため、PCと同期を行うのであれば、FolderSyncのようなファイル同期専門のアプリを使うことをお勧めします。

FolderSyncの画面

それではまずはアプリを開いてみました。

同期に特化したシンプルな構成になっています。

  • ファイルマネージャー
  • 同期ステータス
  • アカウント
  • 同期フォルダ

下の方には同期をウィザードで作成という便利機能もついています。

登録できるアカウントの種類

まずは自分が使っているクラウドストレージを登録しましょう。

  • Amazon Cloud Drive
  • Amazon S3
  • Box
  • CloudMe
  • Cubby
  • Dropbox
  • FTP
  • Godaddy
  • Livedrive Premium
  • MEGA
  • Mydrive.ch
  • Net Documents
  • OneDrive
  • OneDrive for Business
  • ownCloud ⅞
  • ownCloud 9

このようなドライブになります。正直なところ、Dropbox、OneDrive、Boxのどれかを選べばよいのではないでしょうか。

Boox(android)内で同期するフォルダの作成

まずはBoox内で同期対象となるフォルダを作成しましょう。私はFolderSyncという名前を作ってみました。(名称は何でも構いません。)

先ほどのウイザードを行うと、情報アクセスの許可を求めらえるのでOKをクリック。アカウントのリンクが完了しました。

FoderSyncの各種設定

リモートフォルダやローカルフォルダの設定を行います。さらに同期するスケジュールも決めることができます。日中は外で使っているので、夜に同期を行うとでも設定しておきましょう。

最後に

このアプリは軽量かつ高速で同期するので非常に便利です。しかし改めて感じるのはこういったアプリが300円程度で販売されているという点です。この値段で提供できるのは、Androidのようなオープンシステムであるからでしょう。

日本のモノ作りはプロダクトや規格による囲い込み(たとえばソニーのメモリスティック)などによって収益を上げてきたわけですが、このビジネスモデルは無料のプラットフォームが無かった時代の成功体験だと思います。

こういった無国籍ジャングルとなった市場に、”最良のプロダクトを安価に提供する”という日本の大企業はでてくるのでしょうか。

個人的に今でも注目しているマーケットとして、プロジェクタ業界があるのですが、もう日本勢は解像度も技術革新も行っていません。液晶モニタに取って代わられたので撤退したということだとは思いますが、そのような中でもLGなどの企業は技術革新を続けています。

だんだん縮小は続けているけれど、とりあえず黒字なので現状のまま、みたいな日本企業がたくさんあるような気がします。

さて、こういった日本からユニコーンとなる企業は生まれてくるのでしょうか。ちょっと気になった今日この頃でした。

  • この記事を書いた人

チューリップ商人

-Android

Copyright© SKTサポート , 2018 All Rights Reserved.