ソニーとOnyxが一騎打ち!?モバイル活用展に行ってみよう!

ONYXBOOX

お久しぶりです。一応元気にしていました。新しい職場に慣れるまで時間がかかっていました。転勤というものは考え方ややり方が一度リセットされて、その手順を見直すことができるため、非常に良いものですね。

ONYX-INTERNATINALの展示会出展

さてさて、話を本題に戻すと、5月9(水)~11日(金)に開催されるモバイル活用展にONYXがついに出展します!

Japan IT Week 春|リード エグジビション ジャパン
Japan IT Week【春】は、AI・業務自動化 展、情報セキュリティEXPO、クラウド業務改革EXPO、Web&デジタルマーケティングEXPOなど、合計10のIT専門展から構成される日本最大のIT展示会です。多くの情報システム部門、経営企画部門、マーケティング部門などの方々の来場が見込まれています。

商談のための展示会とはされていますが、ちょっと触らせてくれない?と言えば見せてくれるのではないでしょうか。先日のプレスリリースで名前を知る人は増えたと思うのですが、現状では間違いなくチャレンジャーの立場です。

さらにその上にはソニービジネスソリューションも出展していました。ニュースリリースによるとDPT-CP1の実機が展示されるようです。う~ん、触ってみたい。

読みやすさと書き味を追求した、小型A5サイズのデジタルペーパー『DPT-CP1』を発売
ソニーは、電子文書をまるで紙のように読み書きできることを追求した、小型A5サイズ相当のデジタルペーパー『DPT-CP1』を発売します。本機の発売により、デジタルペーパーの商品構成は、A4サイズ相当の『DPT-RP1』(既発売)と合わせて2機種になります。

SONYのDPT-CP1について

今回の特徴はサイズの小型化とスマートフォンとの連携です。今まではパソコンのみでしたが、これにより使い勝手はかなり増すはず。

ただセキュリティ上はどうなのでしょうか。システム部門としてはパソコンのみに紐づけばデータの連携がしやすいのですが、これがスマートフォンにも連携するとなると抜け道はいくらでもある気がします。会社支給のスマートフォンになるのかな?bluetoothによるペアリングに関しても一括管理する機能はあるのでしょうか。システム管理者としてはそういった機能がないと導入ができない気がします。

Onyxに関してはパスワード管理ができないのが難点ですが、日本でのイベント出展によってたくさんのヒントを持ち帰り、改善につなげてほしいです。セキュリティに関してですが、複雑なものはなくていいのでpinコードでも導入してもらいたいものです。

指紋認証で複数ログインを一括管理出来たら法人向けとしてはベストですが、まだまだ先の話のような気がします。とはいえMicrosoftやGoogleのサービスは端末自体にデータをため込まない方向に舵を切っているので、将来的には上記のような仕組みはきっと導入してくるのではないでしょうか。

かじまっくさんの動画で注目すべきところ

先日youtubeでかじまっくチャンネルさんがBOOX NOTEをレビューしていたのは皆さん見たでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=D062zNPHfOM

特筆すべきは1:10からのKindleとCP1の比較です。Kindleはブックリーダー、CP1はデジタルの紙なのですよね。ここが注目ポイントです。見た目ほぼ一緒だけどここが大きく違うところですよね。

ホワイトリストとブラックリストのプロダクト

なぜ上記のような違いが産まれるのかというと、KindleやCP1は専用ソフトウェアのプロダクトであり、BOOXは汎用ソフトウェアのAndroidになるためです。

そしてサポートという面を考えると、KindleやCP1のように、「これができます!逆に言うとこれしかできません!」というホワイトリストの方式の方がサポートが楽ちんです。なぜなら、言ったこと以外のことはサポート対象外であるためです。

ブラックリスト方式(「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になるIT用語辞典)

ブラックリスト方式とは|「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典
用語「ブラックリスト方式」の意味を何となく説明しています。

しかしBOOXに関してはAndroidが動くため、不具合の原因が、BOOX本体だけではなくAndroid周りやアプリの相性も含めて問題と認識されてしまいます。そのためサポートのカバー範囲が非常に幅広くなってしまうのではないでしょうか。

ブラックリストを網羅することは理論上できませんが、おそらくできる範囲で対応することになるでしょう。また、不確実性がある場合は企業としては導入しにくいかもしれません。

最後に

とはいえ、個人レベルで考えるとtyleC経由でデータ連携が出来る方が純粋に便利です。大量のデータ移行や安定性についてはやっぱり有線がいいですね。

おまけ「本で床は抜けるのか」

本をたくさん持っている人なら誰しも一度は悩んであろうこの問題。「本で床は抜けるのか」、という問題です。西牟田靖さんという作家さんがこの記事を書いています。

Paperlikeで検索していて見つけた記事なのですが、建築士による構造計算の話を読むと心の底から震えが止まりません。

一回目

第1回 本で床は抜けるのか
木造二階建てアパートの二階にある4畳半の部屋に仕事場を移したところ、畳がすべて荷物で埋まってしまった。部屋の壁…

その後

その後の「本で床は抜けるのか」
最初の床抜け騒ぎから6年、「マガジン航」での連載をまとめた単行本が出てから3年がたった。そしてこのたび、中央公…

私はそこまで蔵書はないのですが、押し入れぎっしりに本を詰め込んだら、ミシミシっという音が深夜に聞いたことがあります。そのことを思い出しました。

GWも後二日!それでは楽しい休日を!

コメント

タイトルとURLをコピーしました