新しくなったドスパラでデスクトップPCを組んでもらったよ!(BOOXMAX2替えペン情報)

大阪の難波にあるドスパラが新しくなりました。これまではよくある量販店だったのですが、自作コーナーなども設けて、実店舗でしかできないような体験型のお店になっています。

実店舗だからこそ“触って試せる”場所に――ドスパラ 大阪・なんば店リニューアル
サードウェーブのPCショップ「ドスパラ」の大阪・なんば店(大阪市浪速区)が3月24日にリニューアルオープンした。リニューアルに当たって重視したのは“体験”だという。
大阪日本橋最大級のPCショップとなるドスパラなんば店が24日新装オープン
 株式会社サードウェーブは、大阪日本橋の店舗「ドスパラなんば店」をリニューアルし、3月24日にオープンする。オープンに先だつ3月23日に、報道陣に店内を公開した。

ということで実際に体験してきました。

ドスパラ難波店は体験を重視した店舗作り

マザーボードのコーナーです。実物を展示することによって端子の場所も確認できます。GPUが入るかどうか目で見て調べることができます。

余談ですが値札がEinkのタグでした。最近ちょっとずつ増えていきます。価格の変動が激しい商品はPC上で一括管理できると便利でしょうね。個人的には早く赤の混じったEinkタグが見たいです。

またこのドスパラは上海問屋というブランドも持っています。そこでは深センなどで販売されているようなアイディア商品を取り扱っているイメージだったのですが、今日見ると結構良い品を取り扱っていました。

2ポートUSB急速充電器

上海問屋 DN-914814 QC3.0対応 2ポートUSB急速充電器[2.4A・最大出力36W] |パソコン通販のドスパラ【公式】
上海問屋 DN-914814 QC3.0対応 2ポートUSB急速充電器 をお探しならドスパラ通販サイト【公式】におまかせ! スマホ/タブレットグッズを含むパソコン周辺機器の総合通販サイトです。17時までのご注文確定で当日出荷!お客様の元にスピーディーに商品をお届けいたします!送料がお得なメール便にも対応!

これはQuick Charge3.0と急速充電5V2.4Aの急速充電に対応したモデルです。ankerやravpaowerなどと同じようにクアルコムの技術が用いられています。重さは134gと手に持ってみるとかなりずっしりとしていました。一つ買ってみました。

BooxMax2用の替えペン発見!

raytrektabという同じような汎用ワコムスタイラスを用いたペンが販売されていました。ペンの形状はBOOX MAX2そっくりです。しかも替え芯などもあります。

とりあえず標準デジタイザペンと替え芯を購入したので近いうちに試しますね!

購入パーツ紹介一覧

新装オープンということで、価格ドットコムよりもパーツが安くなっています。最初は、4月1日に行われるせろりんねさんと改造バカ一代の高橋敏也さんの自作組み立てイベントに参加しようと考えていたのですが、お店の人に「エンコードもしたいのですが。」と尋ねると、「そのパソコンだとスペック不足です。」と一蹴されました。やっぱりね…。

12.5万円分のパーツが9.2万円で手に入る! ~ 改造バカ&せろりんねのPC自作ワークショップ ~ 3月18日に秋葉原、4月1日に大阪難波で開催、参加申し込み受け付け中
 このところ、PC自作が盛り上がっています。きっかけはゲームだったりマイニングだったりいろいろですが、自分で作ったこだわりのPCを使う楽しさは格別。でも、“やってみたいけどなかなか手が出せない”、“以前自作したことはあるけど、しばらくやっていないので最新事情がよく分からない”、“我が子にPC自作を教えたいけど、ちょっと...

まずは購入パーツを紹介します。

パーツ 商品名 価格
CPU core i5-8400 20670円
メモリ crucial 2666 8GB×2 22874円
SSD cssd-s60480 14780円
HD WD 2GB 5680円
マザーボード TUF Z370-PLUS 14018円
ビデオカード GTX1060 AERO ITX 3 29980円
ケース CC-9011108-ww 4280円
電源 SSR-650FX 16502円
CPUクーラー SCBYK-1000I(白虎) 2160円
その他ファンなど 合計 141923円

結局10万円を軽くオーバーして14万円でフィニッシュです。10万を超える買い物は久しぶりでした。

CPUの詳細

インテル Core i5 8400 BOX レビュー評価・評判
■最安価格(税込):27,980円 ■価格.com売れ筋ランキング:8位 ■満足度レビュー:4.77(19人) ■クチコミ:496件 (※12月2日時点)

AMDの新CPU、ryzenに対抗するためにIntelが出してきた第8世代のi5です。第7世代のcore i7を軽く上回る性能であるため、その頃に自作した店員さんがため息をついていました。

実は期間限定セールでcore i7 8700Kが33000円と格安だったのですが、「そのCPUはお客様の用途だとオーバースペックです。」とばっさり切られてしまったのでcore i5にしました。よかったのか悪かったのかわかりませんが、ハイパースレッディングは効果を疑問視する情報もあるため、これで13000円が浮きました。

マザーボードの詳細

ゲームをする予定はないし、マザーボードももう少し安いので組もうかと考えていたのですが、店員さんが、「法人向けで高耐久のものは大体このマザーボードを使っている。」、と話していたこと、なぜか10台限定セールをやっていて安かったので買ってしまいました。

ASUS TUF Z370-PLUS GAMING のクチコミ掲示板
■最安価格(税込):価格情報の登録がありません ■価格.com売れ筋ランキング:78位 ■満足度レビュー:4.00(1人) ■クチコミ:114件 (※12月2日時点)

電源の詳細

これも店員さんが企業向けはほぼこれと教えてくれたのでこれにしました。通常の電源の1.5倍近い価格差ですが、10年保証という長期保証があるためこれにしました。2000円差ならもう少し大きめのW数のものにしようかと考えたが、「必要ないでしょう。」とばっさり切られたため諦めました。

Seasonic SSR-650FX スペック・仕様
■最安価格(税込):14,016円 ■店頭参考価格帯:15,800円〜15,800円 ■価格.com売れ筋ランキング:40位 ■満足度レビュー:5.00(1人) ■クチコミ:27件 (※12月2日時点)

ケースの紹介(黄色)

個人的には電飾PCなどは必要なく、まったく色も黄色がそれほど好きではなかったのですが、店員さんが「先日、私はこれで組みました。」という一言と、セール価格ということもありこれにしました。

Carbide Series™ SPEC-04 ミッドタワーゲーミングケース — ブラック/イエロー
Carbide Series™ SPEC-04 の鋭角のハードエッジ外観と優れた冷却ポテンシャルを組み合わせて、大胆なスタイリングと簡単な組み立てを両立することができます。

GPUの詳細

店員さん「GPUは年末から一気に値段が上がりました。待つほうがよいかもしれませんね。」私「待ったら安くなる予定はあるのですか?」店員さん「その予定はありません。」

MSI GTX 1060 AERO ITX 3G OC [PCIExp 3GB] レビュー評価・評判
■最安価格(税込):24,104円 ■価格.com売れ筋ランキング:95位 ■満足度レビュー:4.48(5人) ■クチコミ:60件 (※12月2日時点)

ということで購入しました。また、GPUに関しては1050,1060,1070,1080とランクアップするにつれ大きく異なるということだったので、セール品かつコストの安い1060に決定です。

終わりに

そんなこんなで14万円近くになってしまいましたが、割引も5000円ほどあったり、マザーボード及び電源は信頼性の高いパーツを手に入れることができたため、非常に満足です。

買い物は最近アマゾンですることが多かったのですが、対面のお店ではきちんと必要・不要を分かりやすく説明してくれる店員さんがいるところで買い物をしたいものです。今回の店員さんはゲーマーで、家ではいろいろなパーツを取り換えて試していたため、相性問題でryzenは止めておいたほうがいい、という話を教えていただきました。そして勉強になりました。

さて、これで色々と試していけそうです。がんばるぞ!

コメント

  1. poe より:

    MAX2でraytrektabのデジタイザペンが使えるってネタ、どこから仕入れました?
    自分が認識している範囲では「BOOX Noteでraytrektabのデジタイザペンが使えるって話(某ch、twitter)を出したら、それを見た人がMAX2でも使えるかも…って買って試した」ってところかと思ってましたが。

    ちなみに、raytrektabのデジタイザペンは、サイドボタンが無いですよ。
    MAX2・Note付属のペンにはサイドボタンあるっしょ。まぁ、今の所、BOOXのアプリでサイドボタンは使えないから、どうでもいいんですけどね。
    それから、raytrektabのデジタイザペンは、芯替えの時に折れやすいみたいなので、注意して下さいね。

    金曜にアキバのドスパラ本店に行ったら、raytrektabのデジタイザペンの価格表は出ていたけど、面倒だったので店員に在庫あるか確認しませんでした。個人的には、ペン軸の太いのが好みなんで、互換性あって太いのが安かったら欲しいんですけど。細い方なら、Galaxy Note/Book用のSペンも互換性あるっぽいので、色々試してみるのも良いかもしれませんね。

    • チューリップ商人 より:

      poeさんこんばんは!
      実はMAX2のペンのネタは2週間前にドスパラに立ち寄った時に「これbooxmax2のペンやん。」と思って購入しました。まだ試してはいませんが…。
      ちなみにboox max2のペンはサイドボタンがないですよ。もしかするとmax2とnoteのペンの形状は違うのかもしれませんね。

      それよりもpoeさんのヤフーメールの方にメールを送ったので一度見てくださいな。よろしくお願いです。

      • poe より:

        げっ、MAX2のペンって、Noteと違うんですか。
        あっ、MAX2のペン「ワコムスタイラス(2048段階筆圧検知)」なんですね。気づかなかった w

        ちなみに、raytrektabのデジタイザペンは4096段階で、Noteと同世代のペンです。WACOMが外販品で4096階調を出し始めた時の一番最初の採用製品がraytrektabだったと思います。その時点でWACOMは自社製品の方を8192階調に引き上げてます。2048階調のものは、古い世代の物ですね。

        そうか、Noteが出荷直前で筆圧を2048段階から4096段階に変更した事で、出荷大幅遅延になったのか。なんか、納得。

        メールも返信しておきましたので、よろしくデス。