WordPress2018大阪でBooxNoteを使ってメモをとってきたよ!

6月2日(土)に開催されたWordpressキャンプ大阪というイベントに参加してきました。場所はなんと関西大学の梅田キャンパスです。1階はスターバックス&蔦屋書店という組み合わせのため、お店にある本を読むこともできます。

起業の相談コーナーもありました。う~ん、ちょうど私が大学生の頃もベンチャーブームがあってゼミの友達が大学ベンチャーで働いていたことを思い出します。

関西大学梅田キャンパスがおしゃれ!

講演会でBooxNoteを使ってメモをとってみたよ!

Google検索についての講演会もあったので参加してみました。これからのウェブサイトはスマホ対応が重要だそうです。まあWordpressを使う人の集まりであるため、ほとんどの人がレスポンシブウェブデザインを使っていました。

またAMPがもう少しで1.0がリリースされるとのことでした。私のsktsprtのホームページですけど、テーマに付属しているAMP機能を使っていたらいつの間にやらエラーを吐き出していたため、あまりいい思い出が無いのですが、各ホームページが表示しやすくなるというのはありがたいことです。

Accelerated Mobile Pages Project – AMP
The Accelerated Mobile Pages (AMP) Project is an open source initiative that makes it easy for publishers to create mobile-friendly content once and have it loa...

せっかくなのでBooxNoteでメモをとってみました。ちなみに私のファームウェアは先日のアップデートで配信されたバージョンのものを使っています。ただ後からSKTさんに聞いた話によるとまだバグが残っているとのことで、再配信はもう少し後になるとの話でした。

講演会が4つほどあったので15ページほどメモをとったのですが、筆圧検知の機能を使っているときは3~4秒ほど操作が固まることが2回ありました。そのため、通常のペンに切り替えてメモを行うと普通の紙とペンのように書くことができました。

ちなみに赤で囲ったところの左が通常のペン、右が筆圧感知ペンです。

最初のバージョンはメモが固まることもありましたが、次のアップデートではかなり改善されています。PDFで固める作戦を使わなくてもええんじゃないでしょうか。

肝心の講演会についてですが、Wordpressのプラグインでも有名なContact Form7の作者がGDPR(ヨーロッパのプライバシー保護規制)についての講演会をしてくれるなど、とにかく豪華でした。

お昼ごはんで久しぶりに当たりを引いた。

1時間ほど中休みがあったのでお昼ご飯を食べに外に出ました。すると「君と薩摩猛者」というお店を発見しました。休日のお昼なのに結構空いていたのでここに決定です。

ランチはこんな感じでした。タルタルソースが気になったのでチキン南蛮を注文しました。

注文して待つこと10分。

間違いなくこのお店は流行ると思います。

最初の見た目の感想ですが、正直なところがっかりでした。なぜかというと衣がしっとりとしてるためです。衣というのは高温で揚げるからこそカリッとした食感になるのですが、見た目はべチャッとした感じでした。

ただ実際に食べてみると、それは実際の鳥肉の食感を落とさないための工夫でした。肉というものは火を通しすぎると中の水分が抜けてパサパサしてしまいます。そのため、じっくり火を通すためにおそらくは低温の油で揚げたのでしょう。中の鶏肉は非常にジューシーでした。

タルタルの具材にはみじん切りの玉ねぎが入っていました。そのみじん切りのサイズが絶妙で、食感を楽しむことができました。最初は「量が少なっ!」と思いましたが、肉質は間違いのないものでした。

ただ最後に一つ提案させてもらうと、二度揚げの技術を使って衣がパリッとしてもらえると最高です。

ためしてガッテン流 鶏のから揚げ

鶏の唐揚げの作り方(レシピ) | ガッテン流おいしい揚げ方・コツ
鶏の唐揚げの作り方(レシピ):鶏の唐揚げの作り方、ためしてガッテン流です。冷めてもサクサクのおいしい鶏のから揚げを揚げるコツは、二度揚げして余熱で火を通すこと。肉がパサパサしません。下味の醤油に酢を加えると、肉がふっくらやわらかく揚がります。

後ほど調べてみると結構有名な経営者のお店だったようです。興味のわいた人はぜひググって調べてみてください。

補足:BooxNoteで斜め線を描いてみました。

ツイッターでDPT-CP1の斜め線の話題があがっていた(閲覧者が3600人近い)のでBooxNoteでも試してみました。

線の太さはズレがあるならわかりやすいように一番細い線で描いて拡大しています。

BooxNoteで斜め線を描く動画

手書きと物差しを使って試してみました。BooxNoteで斜め線を引いています。

Boox Noteで斜め線を書いてみました。

 

筆圧感知無し 一番細い線

見ていただいてわかるように、太い線が横にいくつか進んだ後、下にずれるときは細い線でつながっています。間隔としては均等に並んでいるのではないでしょうか。

筆圧感知無し 一番細い線

 

こちらの方が筆圧検知ペンと比べて線がまっすぐな気がします。

まとめ

DPT-CP1の斜め線のがガタついている件ですが、これが判明していればRP1の時点で既に問題になっているはずなので、今回はたまたまだと思います。ツイッターの人も話しているように初期不良か次回のバージョンアップ待ちではないでしょうか。

また、BooxNoteのアップデートも早く出てほしいですね。ノートアプリは新型になるという噂ですが、安定しているのであれば別にこれでも十分ではないかと思いました。これがさらにどのように変わるかわかりませんが、6月中には出てほしいですね。

最後に個人的な意見ですが、どちらもお絵かきには向いているとは思えません。なぜかというと消しゴム機能で一部を消すことができないためです。消せるのは一筆で描いた単位で行われます。そのため、お絵かきであればRemarkable一択のような気がしました。

追記

『斜めの線を描くと波打ってしまう現象』 SONY デジタルペーパー DPT-RP1 のクチコミ掲示板
■最安価格(税込):77,763円 ■価格.com売れ筋ランキング:2位 ■満足度レビュー:3.50(6人) ■クチコミ:101件 (※4月2日時点)
『ペンのズレ』 SONY デジタルペーパー DPT-RP1 のクチコミ掲示板
■最安価格(税込):77,763円 ■価格.com売れ筋ランキング:2位 ■満足度レビュー:3.50(6人) ■クチコミ:101件 (※4月2日時点)

持ち方とキャリブレーションが原因のようです。最初にググっておけば私も時間をかけて「補足」以下を記事にしなくてもよかったような気が…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました