2018年度デスクトップPCパーツ別雑感を書いてみるよ!

今日の記事は本当に私の備忘録になってしまうのですが、ある程度パソコンのパーツについて調べたのでそのまとめの記事となります。前回のパソコンを組み上げとは異なり、必要な要件をまとめていくと、思った以上に費用がかかることがわかりました…。

とりあえず使えそうなパーツだけ取り出しました。SSD512MBは再利用しようと思います。

CPU(2万円)

CPUについては、 AMDとIntel の戦いの結果、格安のcpuでも十分に高性能です。ただ、もう少しお金を出せば、動画のエンコードを非常に便利にできるパソコンにすることもできます。そのため少し悩んでいます。

狙っているのは物理6コアのCore i5の8400(20205円)か、4コアならコスパ抜群core i3(13695円)かryzen5 2400g(19359円)ですね。ゲームをするわけではないので、グラフィックカードがなくても構わないと思うのですか、エンコードにおいて GPU をどのくらい使うのかどうかというのは、 対応するソフトウェアのシステム要件を調べてみないとわからないため、もう少し下調べが必要です。

CPUクーラー(5000円)

サイズ 虎徹 MarkII SCKTT-2000 価格比較
■最安価格(税込):3,572円 ■店頭参考価格帯:4,080円〜4,100円 ■価格.com売れ筋ランキング:1位 ■満足度レビュー:4.49(21人) ■クチコミ:105件 (※3月25日時点)

もしも付属のCPUクーラーが必要な場面がくるとすれば、あらゆる自作PC本やサイトでも使われている虎徹Ⅱにします。ただし、上記のCPUであれば付属のクーラーで十分ではないでしょうか。

メモリ(2万円)

【価格.com】メモリー | 通販・価格比較・製品情報
メモリーを買うなら、まずは価格.comをチェック! 全国の通販サイトの販売価格情報をはじめ、スペック検索、クチコミ情報、ランキングなど、さまざまな視点から商品を比較・検討できます!

メモリに関してはもうびっくりするぐらい高いと思っています。(8GB×2)16GBを積む予定ですが、8GBで1万円とイメージをしておけば良いのでしょう。 もしくは、 16GBのメモリを1枚買っておいて、後ほど必要になればつけたすのもありかもしれません。

マザーボード(1万円)

価格.com - マザーボード | 通販・価格比較・製品情報
マザーボードを買うなら、まずは価格.comをチェック! 全国の通販サイトの販売価格情報をはじめ、スペック検索、クチコミ情報、ランキングなど、さまざまな視点から商品を比較・検討できます!

違いがよくわからないレベルまで、どのメーカーさんも進化しているので、 USB3.0が使えたら十分だと思っています。

電源(1万円)

価格.com - 電源ユニット | 通販・価格比較・製品情報
電源ユニットを買うなら、まずは価格.comをチェック! 全国の通販サイトの販売価格情報をはじめ、スペック検索、クチコミ情報、ランキングなど、さまざまな視点から商品を比較・検討できます!

デスクトップパソコンを使って8年。周辺機器が大量に増えています。papelikeもUSB経由でパソコンから給電したり、 SDカードリーダー、音声入力用のマイクもいるため、チョコチョコと電気を使っているのではないでしょうか。

電源が潰れてしまうと、他のものを巻き込んで潰れる可能性もあるため、700W(実際の使用料ではないですが)程度のいいものを選びます。

ケース(7000円)

それほど高いケースは必要がないように思うのですが、とにかくの取り回しがしやすく、追加パーツを簡単に組み込めるものにします。

価格.com - PCケース | 通販・価格比較・製品情報
PCケースを買うなら、まずは価格.comをチェック! 全国の通販サイトの販売価格情報をはじめ、スペック検索、クチコミ情報、ランキングなど、さまざまな視点から商品を比較・検討できます!

面白いのは最近のケースはGPUで空間重視のため、不要になってきたドライブベイのスペースが空いています。組み立てやすそうですね。

GPU(2~3万?)

最近のパソコンは GPUが前提であること、また、モニターも追加する可能性があるため積みたいと思います。ただGTX1060で3万円台なのでかなり高いですね。これもエンコードアプリについて調べないと決められません。

価格.com - グラフィックボード・ビデオカード | 通販・価格比較・製品情報
グラフィックボード・ビデオカードを買うなら、まずは価格.comをチェック! 全国の通販サイトの販売価格情報をはじめ、スペック検索、クチコミ情報、ランキングなど、さまざまな視点から商品を比較・検討できます!

SSD(1万円)

前回のデスクトップPCではSSDを250GBほど使っていたので、要件としては512GBは欲しいですね。ただ古いパソコンからSSDだけは回収してきたので、これさえおうまく使うことができれば、総コストを抑えられるのですが…できるかな。

windowsOS(1~2万円)

DSP版になるのかな?

最後に

おかしい…なぜか10万円を超えてしまっています。メモリが原因かもしれませんが、思った以上にメイン以外のパーツにお金がかかりますね。

今日は大阪市内に出てPCを調べてこようと思います。マウスなどの決算セールを買うほうがいいかもしれません。

それでは楽しい日曜日を!

コメント