BOOX Max3のスペック情報の紹介

ONYXBOOX

今日は BOOX MAX 3の製品情報について紹介したいと思います。考えていた以上にステップアップしてきたのではないでしょうか。今日はそんなBOOX Max3について、気になるところを紹介したいと思います。

スペック紹介

ハードウェア

フラットカバーレンズ付き13.3インチEinkフレキシブルスクリーン

2200×1650 Carta(207dpi)

16グレースケール

静電容量式タッチ+電磁ペンタッチ(WACOM)

Qualcomn Octa-core 2.0GHz

4GB LPDDR3メモリ

64GB EMMCストレージ

Wi-Fi(2.4GHz + 5GHz)+ BT 4.1

ソフトウェア

リーガルリフレッシュ

Android 9.0

ドキュメント:PDF、EPUB、TXT、DJVU、HTML、RTF、FB2、DOC、MOBI、CHM …

画像フォーマット:PNG、JPG、TIFF、BMP

オーディオ:WAV、MP3

APPストア:BOOXストア

DRMをサポート

その他

その他

ボタン:電源、指紋認識機能付きの戻るボタン

 

モニターインターフェイス:Micro HDMI

拡張インターフェース:Type-C(OTGサポート)

スピーカー:デュアルスピーカー

マイク:デュアルマイク

イヤホンジャック:Type-Cイヤホンジャック

電池容量:4300mAh Polymer Li-on

電池持続時間:最大4週間(スタンバイモード)

寸法:309.8 * 227.8 * 6.8mm

重量:≤490g

認証:CE, ROHS, FCC, TELEC, CCC

それではここから気になるところを紹介します。

USB type C対応 & OTG対応

BOOX Nova Pro、Boox Note Proは現在タイプCに対応しています。私の手持ちの機器もスマホを含めてほとんどがType C対応になっていたのでこれはありがたい話です。

また、OTGに対応しました。OTGとは、USB On-The-Goの略で、USB機器を直接つなげるためのインターフェイスです。この機能があれば、PCを用いなくても、アダプタ経由でノートパソコンのように使用することができるようになるでしょう。タブレットというインプットの道具ではなく、PCのようなアウトプットの道具として用いることができるのです!

参考

USB On-The-Go - Wikipedia

Wifiの5gHz帯対応

今までの2.4gHzでも遅いわけではなかったのです。ただ集合住宅のマンションで無線が飛び交っている場合、つながっていてもアンテナの数が少なくなる時がありました。

そのため、今回の5gHz帯対応はありがたいところです。地味な改善ですが大事な改善です。

新CPUはオンラインストレージが快適に使えるのか?

個人的に一番気になっているのは、「オンラインストレージ上でPDFをアプリで開き、保存すること」です。

もちろんこれまでのBOOXシリーズでも出来ていました。ただ、やっぱり読み込みにワンテンポ時間がかかるため、基本的にはPDFを端末側にダウンロードして使っていました。

今回はオクタコア、しかも1.7gHzから2gHzへとアップしているので、期待できますね。

最後に:既存ユーザーもAndroid 9へアップデート予定

BOOXという会社の素晴らしい点は既存ユーザーに対する配慮です。NovaやNote等に関しては、Android 9へアップデートするそうです。見た目は一緒ですが、違いはおそらく省電力化ではないでしょうか。また、アプリを使わなくてもツールバーから回転することができます。NoteProなどで電子書籍リーダーを見開きで読みたいときは便利だと思うのです。

グーグルの新OS「Android 9 Pie」で見逃せない5つの進化|WIRED.jp
グーグルがモバイルOS「Android P」を正式に公開した。正式には「Android 9

実際に触ってみる日が楽しみ!

コメント

  1. poe より:

    お久しぶりです。
    MAX3、発売されましたね。SKTさんの所で取り扱う予定、ありますでしょうか?
    MAX3の実機評価をチューリップ商人さんの方でも出来る様なら、お絵描き用のアプリがまともに使える様になったかどうか、確認していただけないでしょうか。
    MAX3になって、SoCがQualcommのSnapdragonになったし、Android9.0って事で、色々と期待大なんですが、e-inkの描画廻りが改善されたのかどうかが気になります。
    以下のお絵描き用アプリ(Playストアで扱われているもの)でご確認いただけると嬉しいんですが…
    ・シンプル ドロー
     非常に単純なお絵描きアプリ。ちょっとしたメモ取りに便利。
    ・PicsArt Color ペイント
     ペイント系、レイヤーあり。比較的軽く動く。
    ・Skedio: Easy Vector Drawing
     ドロー系。高機能ではないが、動きが軽い。

    この辺がペン書きの遅延無しで普通に動く様なら、今後出るかもしれない8インチ・10インチのSnapdragon版BOOXなら欲しいんですけど…

タイトルとURLをコピーしました