東洋経済【AI時代に食える仕事食えない仕事】(2019年4月13日号)を紹介するよ!

Uncategorized

お久しぶりです。仕事が忙しくてブログの更新がほぼストップしていましたが、この1年ほど続いているBOOXシリーズでの雑誌の記事の中で、私が面白いと感じたところを紹介したいと思います。

今日の紹介記事

AI時代に食える仕事、食えない仕事 | 18職種1350万人の生存条件
昨今、民間企業や公的機関で大流行のソフトウェアがある。定型業務を自動化する「RPA」(ロボティック…

ニュース最前線:ホンダも新会社に合流SB・トヨタ連合の磁力

近年ではeコマースと連携した自動配送や移動店舗、公共交通機関と組み合わせたサービスを、MaaS(モビリティアズアサービス)と呼ばれています。そしてトヨタとSBの合弁会社である【モネ・テクノロジーズ】が業績を拡大している話でした。

MONET Technologies
ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社「MONET」の公式ホームページです。ソフトバンクの「情報革命で人々を幸せに」とトヨタの「全ての人に移動の自由を」の二つのビジョンを融合し、安心・快適なモビリティ社会の実現を目指していきます。

自動運転のデータをSBの回線で吸い上げてデータを蓄積、将来的には遠隔操作による無人バスや警備ロボットなどがでてくるのでしょう。大手企業ということで自治体も安心です。

これからの社会はデータを最初に抑えたものが勝ち抜ける時代ですので、さすがソフトバンクといった感じです。ADSLをモデムをキャンペーンと称して配っていた頃から考えると本当にスマートなビジネスです。

GAFA勢の軍門に下らないポスト平成のキャリア構築術

プラットフォーマーとなるトップ企業が利益の大部分をかっさらっていく時代、30代はキャリア形成の序盤から、感動・信用・創造の能力を活かせる分野に移るべし、という話でした。

コンピューターができるような管理の仕事よりも、人間で無くてはならないスキルを鍛えなさい、ということでした、その例として星野リゾートの【OMO】というサービスが取り上げられています。

星野リゾート OMO - 旅のテンションをあげるホテル【公式】|Hoshino Resorts OMO
「OMO(おも)」は星野リゾートが展開する都市観光ホテル。“街を楽しむという視点”から、旅のテンションをあげる新しい宿泊体験をお届けします。ご予約は当サイトが最もお得です。

その街独自のおすすめを紹介してくれるそうです。実際に住んでいる人のフィルターを通したよい場所を紹介してもらえるというのは魅力的ですよね。

私も大阪であればそういった場所を知っています。たこ焼き屋さんもいっぱいありますが、ちょっと粉っぽい昔のたこ焼きこそ、遠くから来た人に紹介したいと思っています。

ちなみにこのお店です。

下村商店 (玉造(JR)/たこ焼き)
★★★☆☆3.01 ■予算(昼):~¥999

今調べたら閉店していました…なんでやねん…。

ブックス&トレンズ ファンタジーランド 狂気と幻想のアメリカ500年史

自分の信念としてそう思うのであれば、他人の信念だけではなく真実よりも上位になるという考え方が、アメリカ人にはあり、その考え方に基づいてトランプ大統領が誕生した、という話です。

もちろんこの話はアメリカ人だけではなく私たちにもあるのかもしれません。体重が増えているのであれば、体重計が壊れていないか疑う、昨日は水を飲みすぎたから、という言い訳を考えるなどなど…。個人レベルならまだしも、国家レベルでそういう人の数がいるときっと大変なことになるのでしょう。

今日の感想

雑誌読み放題は本当におすすめです。月400円ほどで経済3誌が全て読めるのは非常に価値があります。体験もできるはずですのでぜひ一度試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました